フラッシュモブの豆知識・お得情報

友人・知人がフラッシュモブに参加!思わぬ落とし穴「5選」

  • LINEで送る
フラッシュモブ落とし穴

あるある!落とし穴のパターン「5選」

フラッシュモブの演出は、結婚式やプロポーズなどのシーンで迫力と感動を与える最高のサプライズです。

また、仲の良い友人や知人、同僚や家族などを巻き込んで感動を分かち合うこともフラッシュモブの醍醐味と言えるでしょう。

ところが、せっかくのサプライズも誘った友人や知人たちの心構えや理解度によってはその良さを出せずに終わってしまうパターンもあります。

今回は、そんな参加者の意識と理解度の低さによって陥りやすい失敗パターンについてご紹介していきましょう。

よくある落とし穴パターン

  1. フラッシュモブなんて簡単でしょ?と練習をサボるパターン
  2. 練習をしないまま、練習する時間が無くなるパターン
  3. 各自の都合で全体練習に全員集合が出来ないパターン
  4. 欠席した人をフォローするのが大変なパターン
  5. プレッシャーにより楽しくなくなるパターン

≪ピックアップ記事≫ フラッシュモブよくある失敗の原因【10選】
≪ピックアップ記事≫ フラッシュモブ参加者への呼び掛け「大切な注意点」 ~シリーズ1~
≪ピックアップ記事≫ フラッシュモブ参加者への呼び掛け「大切な注意点」 ~シリーズ2~

1. フラッシュモブなんて簡単でしょ?と練習をサボるパターン

最初は、簡単に出来ると思い込んでいて個人レッスンをさぼってしまうパターンです。

簡単で楽しそうに踊っている当日のシーンを見ることで、フラッシュモブを「誰でもできそう」「簡単そうじゃん!」と勘違いする人も多くいます。

今、ネットではフラッシュモブ会社の撮影した素敵なフラッシュモブ映像が数多くアップロードされています。

音楽に乗って軽快なダンスを笑顔で踊る参加者たちや感動に胸を熱くする恋人や新郎新婦。

最後はプロポーズや愛の告白などをして、みんな笑顔で大団円。

それは見ているだけでも素敵で感動できる光景です。

しかし、そんな光景を作り上げるまでには、プロダンサーでさえ何時間も過酷な練習を行い、素人の友人たちであればさらに多くの練習時間を積んでいるはず。

そんな努力が集結した結果があの映像であることを忘れてはいけません。

≪ピックアップ記事≫ フラッシュモブの手配の仕方は?~当日までの流れ

2. 練習をしないまま、練習する時間が無くなるパターン

練習する期間はあったもののサボっていた人、日頃の忙しさで練習できなかった人などが陥りやすいのが、直前期に焦るパターンです。

フラッシュモブの練習は「個人レッスン」と「集団レッスン」で成り立っており、個人レッスンでは振り付けを覚え、集団ではそれを合わせて全体像を作ります。

この二つができてこそのフラッシュモブの一体感と迫力であり、それは間際になって焦っても作れるものではありません。

フラッシュモブでは当日会場内のあちこちで踊ったり、フォーメーションを変えることなどがあるため、素人ダンサーであってもある程度は個々の技量が求められます。

もちろん、当日が近づいてから焦って練習しても、それを獲得するのは難しいでしょう。

≪ピックアップ記事≫ 豆知識!フラッシュモブの準備期間ってどのくらい必要?
≪ピックアップ記事≫ フラッシュモブの練習が上手くできない!?そのコツとは!?

3. 各自の都合で全体練習に全員集合が出来ないパターン

フラッシュモブの練習期間でもっとも大変であり、重要なのがみんなで集まることです。

社会人であればなおのこと、学生であっても忙しい人は多いでしょう。

そのため、陥りやすいのは誰か必ず欠席してしまい、全体練習が進まないパターンです。

全員集合して練習する回数が少なければ少ないほど、リスクは高くなります。

また、無理に誘われた場合にもその人の欠席率は高くなるでしょう。

4. 欠席した人をフォローするのが大変なパターン

フラッシュモブの全体練習や打ち合わせでは、欠席した人にも進度や変更点などを伝えることが必要です。

こうした繊細なフォローによって共通認識と団結力が育ちます。

しかし、意外と欠席者のフォローは大変で、伝え漏れや聞き漏らしなどで理解度の差や温度差が生まれます。

ビデオ撮影や動画の共有などをすると、伝え漏れも少なくなり分かりやすくなりますが、自分たちだけでそれを行いつつ練習や打ち合わせをするのは大変です。

また、参加人数が多くなると欠席者も相対的に増えやすく、伝達する頻度も増える可能性があります。

5. プレッシャーにより楽しくなくなるパターン

最後に挙げるのは、リミットと責任感に追われて、楽しく参加できていないパターンです。

明るい笑顔で楽しくお祝いするはずが、プレッシャーのあまり本質を見失う人もいます。

練習では振り付けを覚えたり、みんなと揃わずにイライラし、当日には「失敗したらどうしよう」など負の感情ばかりに襲われていては、自分自身がちっとも楽しくありません。

特に仕掛け人グループのリーダーや発起人などに多く見られます。

自分ばかりが一人で奮闘してもみんなとの和は生まれませんし、フラッシュモブは仕事や勉強のように苦しみながらやるものではありません。

時にはうまくいかない日もありますが、当日にはみんなで楽しむ気持ちで踊りましょう。

たとえ、多少失敗しても笑顔で頑張る姿に見ている人は感動してくれるはずです。

最終目標は、「上手に踊ること」ではなく「お祝いすること」であることを今一度思い出して、心を込めたフラッシュモブを送りましょう。

≪ピックアップ記事≫ フラッシュモブを企画する際の心配ゴト【5選】
≪ピックアップ記事≫ フラッシュモブで失敗しない為の準備と大切なポイント5つ
≪ピックアップ記事≫ 結婚式でフラッシュモブを企画!成功と失敗を分けるのは?

フラッシュモブについて相談してみたい方はこちら

全国にはさまざまなフラッシュモブ会社がありますが、その中から「どのフラッシュモブ会社にお願いしようか?」と悩んだ事はありませんか?こちらでは、全国のフラッシュモブ会社の情報をまとめて紹介しているので、あなたにピッタリのフラッシュモブ会社をお探しください。対象エリアは、北海道/東北/関東/中部/近畿/中国/四国/九州の『フラッシュモブ会社一覧』となります。

フラッシュモブ一括見積

フラッシュモブその他の関連記事

記事を検索する

archive

コメントを残す

*