フラッシュモブとは?

フラッシュモブで失敗しない為の準備と大切なポイント5つ

  • LINEで送る
フラッシュモブのコツとポイント

フラッシュモブを行う前の「大切な準備とポイント」

フラッシュモブをするなら、失敗は避けたいものです。

盛り上がるはずが相手を恥ずかしがらせたり、クオリティーの問題で興ざめさせたりといったリスクも少なくないため、いろいろな下準備を万全にしておくことが必要となります。

フラッシュモブを成功させるために準備で押さえておきたいポイントを見ていきましょう。

見せる相手の意向をチェック

フラッシュモブを行う時は、必ずサプライズの対象者がいます。

見せたい対象者がフラッシュモブに抵抗感のある人だったら、そのまま実施することでリスクが高くなる可能性があるでしょう。

まずは、サプライズの対象者がフラッシュモブをどう思っているのかをチェックしておくことが大切です。

予算を見積もる

フラッシュモブを実際に行う場合、自分たちだけで準備をするのは大変です。

ダンスのレッスンや音響、公共の場を使うのであれば許可の取得など、専門的な知識や技術が必要となります。

そのため、フラッシュモブをプロデュースする会社などに依頼することが必要です。

行う規模やプロのダンサーの数などによってかかるコストは変わってくるため、予算に合わせたちょうど良いサイズのフラッシュモブを検討しましょう。

≪ピックアップ≫ フラッシュモブ会社の賢い選び方~「価格で探す」~
≪ピックアップ≫ フラッシュモブの料金・価格【知っておくべき5つの事】

協力者は親しい間の人から募る

フラッシュモブはサプライズの相手の親しい人が一緒にパフォーマンスをすることで一層盛り上がりを見せます。

プロのダンサーも入りますが、やはり友達などがお祝いをしてくれていることが大きな感動となるものです。

協力者は多い方が盛り上がりますが、あまり多くの参加者を募るとそれをまとめるのが難しくなることもあります。

そのため、心から祝福してくれるであろう本当に親しい間柄の人限定でお願いする方が安心です。

意外と年長者の中にも積極的に参加してくれる人もいるものです。

そうした人が参加することでより一層大きな感動を呼ぶこともできるでしょう。

≪ピックアップ記事≫ フラッシュモブって、実際どの程度の人数・規模が盛り上がる?

サプライズの相手が恥ずかしくない配慮を

フラッシュモブは街頭や公共の施設でも行うことができます。

しかし、そういった第三者もいる場所はサプライズの相手を驚かせすぎたり、恥ずかしがらせたりする可能性もあります。

相手が恥ずかしがり屋の場合には、会場を貸切にしたり周りに人のいない場所で行う配慮も必要です。

もちろん、ぱっと盛り上がるのが好きな人の場合には、知らない人からも祝福を受けられる公共の場もおすすめです。

突然のフラッシュモブは第三者にも楽しめるパフォーマンスとしてたくさんの人の注目を集められ、サプライズする方もされる方もひと時の主役となれるでしょう。

終わったら協力者へのねぎらいを

フラッシュモブは成功してもちょっと失敗しても、たくさんの人の協力があってこその楽しみがあります。

終わったら参加してくれた人たちに感謝とねぎらいの気持ちをきちんと伝えましょう。

できればサプライズの対象者からも喜びの一言をもらえると最高です。

フラッシュモブを一緒に行うことでみんなの気持ちもまとまり、今後の関係もより良いものとなるでしょう。

≪ピックアップ記事≫ 結婚式でフラッシュモブを企画!成功と失敗を分けるのは?
≪ピックアップ記事≫ プロポーズでフラッシュモブ!彼女が喜ばないリスクを避ける対策とは?

フラッシュモブについて相談してみたい方はこちら

全国にはさまざまなフラッシュモブ会社がありますが、その中から「どのフラッシュモブ会社にお願いしようか?」と悩んだ事はありませんか?こちらでは、全国のフラッシュモブ会社の情報をまとめて紹介しているので、あなたにピッタリのフラッシュモブ会社をお探しください。対象エリアは、北海道/東北/関東/中部/近畿/中国/四国/九州の『フラッシュモブ会社一覧』となります。

フラッシュモブ一括見積

フラッシュモブその他の関連記事

記事を検索する

archive

コメントを残す

*