フラッシュモブの豆知識・お得情報

フラッシュモブを企画する際の心配ゴト【5選】

  • LINEで送る
フラッシュモブ心配事

フラッシュモブの企画でよくある心配事

フラッシュモブにはさまざまな難関があり、成功させるのがとても難しいものです。

フラッシュモブをこれから行おうとする人の中には心配ゴトを抱えている人もいるのではないでしょうか?

今回は、多くの人がフラッシュモブで心配していることをまとめてみました。

実際にやる時には以下のような点を慎重に検討して、リスクを避ける手立てにしてくださいね。

  1. フラッシュモブが盛り上がるかどうか?
  2. フラッシュモブが当日踊れるかどうか?
  3. フラッシュモブがバレないかどうか?
  4. フラッシュモブで途中で邪魔が入ったらどうするか?
  5. フラッシュモブで相手が喜んでくれるかどうか?

1.フラッシュモブが盛り上がるかどうか?

フラッシュモブでは周りで見ている人が全く知らない人やあまり親しくない人であるというケースが多くなります。

街頭などの公共のエリアで行う際には全くの他人、結婚披露宴などで行う場合でも参列者が全て気のおけない友達であるということは珍しいでしょう。

仲間内の大騒ぎなら失敗も笑って許されますが、親しくない人の前で行うフラッシュモブの場合にはもし盛り上がらなければ周りの人の気持ちまで害してしまう恐れがあります。

盛り上がるかどうかは第一に不安になる心配事です。

フラッシュモブを盛り上げるためには、ノウハウやダンスの技術なども必要となります。

そのため、以下の4つの心配事を解決することができれば、この心配は多少緩和出来るかもしれません。

≪ピックアップ記事≫ フラッシュモブって、実際どの程度の人数・規模が盛り上がる?

2.フラッシュモブが当日踊れるかどうか?

フラッシュモブでは、ダンスパフォーマンスをメインにしたパフォーマンスが多く取り入れられています。

ある程度のまとまった人数で行うダンスは、迫力と感動を与えることができますが、いざという場面でちゃんと踊れるかどうか分かりません。

特にプロではない友達や同僚などが集まる即席ダンスチームではリスクが高くなるでしょう。

多少の失敗なら愛嬌で許されるかも知れませんが、あまりのクオリティの低さにドン引きされることだけは避けなければいけません。

練習や準備時間の確保のために、余裕を持ったスケジュールで行うこと、そして当日は自信を持って堂々とやってのける度胸が必要です。

どうしても心配な場合には、お手本となり、素人ダンスのミスをカバーできるプロのダンサーを、ある程度用意した方が良いかも知れません。

≪ピックアップ記事≫ フラッシュモブの練習が上手くできない!?そのコツとは!?
≪ピックアップ記事≫ 豆知識!フラッシュモブの準備期間ってどのくらい必要?

3.フラッシュモブがバレないかどうか?

フラッシュモブでは仕掛け人がコッソリと準備をして突然のサプライズをするからこその盛り上がりがあります。

しかし、練習や打ち合わせなどが詰まった慌ただしいスケジュールで普段とは違った行動となることで、サプライズをしたい相手に気づかれてしまうこともあるものです。

特に恋人などの親しい間柄であれば、いつもと違うパートナーの行動に訝しさを感じやすいかも知れません。

特に彼氏から彼女に仕掛ける場合、嘘を見抜くのが上手い女性の勘をかわすのは大変そうです。

こればかりは、仕掛け人の平常心やごまかしの演技のクオリティにかけるしかありません。

4.フラッシュモブで途中で邪魔が入ったらどうするか?

この心配ゴトは、特に街中や公共の施設など不特定多数の人が集まるエリアでフラッシュモブを行う時に出てきます。

周りには自分の仲間だけではありません。

こうしたシチュエーションでは単なる通行人がダンスをしているスペースに立ち入ったり、大声で話をして音楽の邪魔になったりすることもあります。

道路で行う場合や公共の施設内では使用許可を取ることはもちろんですが、それでも途中でハプニングが起こらないとは限りません。

中にはフラッシュモブを知らない人や不快に感じる人もいるでしょう。

そのため、街頭などで行う際には、通行の邪魔にならない場所を十分に検討して、例え通行人がいてもできる範囲で安全に行うことが大切です。

≪ピックアップ記事≫ フラッシュモブでプロポーズ!その成功確率とは?

5.フラッシュモブで相手が喜んでくれるかどうか?

フラッシュモブは相手に事前の許可を取ることができませんから、パフォーマンス自体が成功しようとも必ずしも相手に感動を与えられるとは限らないものです。

実際に、パフォーマンスは完璧に決まったのに振られてしまうというプロポーズ失敗例もあります。

相手が喜んでくれるかどうかに関しては、その人をよく知っている仕掛け人たちの判断次第です。

派手なパフォーマンスでお祝いされたり、自分の知らない企画を実施されることを好まない相手にはフラッシュモブの実行自体を避けた方が良いこともあります。

≪ピックアップ記事≫ 結婚式でフラッシュモブを企画!成功と失敗を分けるのは?

フラッシュモブが心配な人の為の解決策まとめ

フラッシュモブの難しいところは、サプライズのために練習をコッソリしなければいけない点や相手の反応が読めない点などがです。

「記念日やプロポーズなど失敗が許されないシーンである」ことによって仕掛け人を始め協力者の普段よりも緊張感は高まっています。

そのためフラッシュモブは、成功へのリスクも多くなり、実際に行うにはとても難しいものなのです。

そんな苦境をものともせずにチャレンジしたい人には、これらの心配ゴトを踏まえて慎重に企画することをおすすめします。

また、プロのダンサーを入れることでパフォーマンスの質は上げることができます。

ハイクオリティのフラッシュモブであれば、周りから受け入れられやすく、成功の確率も上がりそうです。

≪ピックアップ記事≫ フラッシュモブ会社の賢い選び方~「条件で探す」編~
≪ピックアップ記事≫ フラッシュモブで失敗しない為の準備と大切なポイント5つ

フラッシュモブについて相談してみたい方はこちら

全国にはさまざまなフラッシュモブ会社がありますが、その中から「どのフラッシュモブ会社にお願いしようか?」と悩んだ事はありませんか?こちらでは、全国のフラッシュモブ会社の情報をまとめて紹介しているので、あなたにピッタリのフラッシュモブ会社をお探しください。対象エリアは、北海道/東北/関東/中部/近畿/中国/四国/九州の『フラッシュモブ会社一覧』となります。

フラッシュモブ一括見積

フラッシュモブその他の関連記事

記事を検索する

archive

コメントを残す

*