フラッシュモブの人気YOUTUBE動画・映像集

海外のフラッシュモブ動画【100選】

  • LINEで送る
世界のフラッシュモブ

コンテンツ一覧(目次)

海外で行われたさまざまなフラッシュモブ

フラッシュモブといえば、結婚式やプロポーズなどのイベントで行い、涙を流す感動的なものが多いですよね。海外では少し違った感動のフラッシュモブのやり方があるのです。それは、共有することでの感動です。誰かの助けになったり、一緒に笑って楽しむことで感動を作り出しているのです。今回はそんな普段とは違う感動の仕方をご覧下さい。

海外のちょっと変わった、感動フラッシュモブ

1. 街中の人たちが突然歌いだす?歌で伝える感動モブ

一人が広場の真ん中で演奏していると、周囲にいた人たちが集まってきて歌い始めます。その人数はどんどん集まり、大熱唱に観客が立ち止まるほど。周囲を魅了する演奏と歌声は伝えたいことを表現するのに最適ですね。今までにない歌うフラッシュモブになります。

2. ある意味感動過ぎる!Michael Jacksonの曲で、サプライズフラッシュモブ

道路の真ん中や空港、駅などで大人数によるキレのあるダンスをするのが感動的なフラッシュモブになっています。マイケルジャクソンの曲で数パターンが撮影されており、どれもダイナミックでパフォーマンスとしては喜ばれそうなダンスに仕上がっています。日本でもこれだけの大人数でフラッシュモブができたら楽しそうですね。

3. ドッキリ?感動?アカペラでのパフォーンマンスが楽しくなるモブ

フラッシュモブと言えば音楽による演奏とダンスをイメージしますが、こちらはアカペラと演出による斬新的で楽しめるフラッシュモブです。巻き込まれる人も参加している人も笑ってしまうけど、どこか温かみの感じる感動的なパフォーマンス。空港で行われたものですが、突然こんなフラッシュモブが始まったら一緒に歌いたくなってしまいそうですね。

4. ミュージカルなフラッシュモブで拍手喝采

フラッシュモブをミュージカルに仕立てている新しいパフォーマンスなのですが、その内容も凝っていて面白いです。自販機をテーマにして始めるのですが、歌やタップダンスなどの小ネタがあり見ていて楽しい気持ちになります。たったの14人で行われているフラッシュモブなのですが、ついつい見てしまい最後のオチにも笑えます。

5. 感動的!ストリートミュージシャンから始まる大演奏

感動的なフラッシュモブといえば、プロポーズや結婚式が定番ですが人助けをする感動的なエピソードのフラッシュモブもあるのです。一人のストリートミュージシャンがいつものように演奏していると男性が声をかけてきました。その男性に言われるがまま音楽を奏でると楽器を持った人々が集まってきます。いつの間にか合唱団も集まり壮大な大演奏に。演奏が終わると嬉しそうにストリートミュージシャンの人が男性のもとへと駆け寄り感謝の言葉を伝えます。

オーケストラ系フラッシュモブは迫力満点

一人が街中などで演奏していると思ったら、徐々に周囲の人までもが演奏を始め出すフラッシュモブ。演奏に加えて歌やダンスのパフォーマンスもあったりして釘付けになってしまいますね。そんな迫力と魅力あふれるフラッシュモブは世界で行われているのですが、より人気が高いのが大人数で行われる大規模な演出です。たとえばオーケストラ系のフラッシュモブは、突然演奏が始まり徐々に人数が増えていき、最終的には大演奏になっているという規模の大きさとサプライズ感にあると思います。あっという間にフラシュモブの世界に引き込まれてしまいますよね。誰もが足を止めてその美しい音楽に聞き入っています。驚きと同時に笑顔がこぼれてしまう、そんな魅力が詰まっているのでしょう。このように世界で行われるフラッシュモブはパフォーマンスの仕方も様々ですよ。

6. Flashmob Nürnberg 2014 – Ode an die Freude

ドイツ・ニュルンベルクのローレンツキルヒェ駅近くの広場でのフラッシュモブです。ニュルンベルクが本拠地である銀行『Evenord-Bank eG-KG』が地元の人たちに感謝の気持ちを込めてサプライズでおこなったフラッシュモブ。広場で穏やかに過ごす人々。そんな中、広場にはチェロを構える男性がひとり。その男性にリコーダーを持った女の子が近づきます。おもむろにリコーダーを吹き始める女の子。すべてはそこから始まります。リコーダーを吹く少女に音楽でお返しをするという演出なのですが、次々に楽器を持った人が現れて、周りから徐々にひとが集まってきて音楽が完成していく様子は荘厳で魅力的なオーケストラのようになっていきます。もちろん、途中から指揮者も登場します。そして、ついにはコーラスも始まり大合唱に。大合唱は、どこまでが仕掛け人でどこからが観客か全くわからないほどの一体感に包まれています。ベートーヴェンの第9の曲はフラッシュモブで多く取り上げられていますが、演出の仕方が違うだけで印象も変わりますね。

7. [FLASHMOB] Pirates of the Caribbean – Rhapsody Philharmonic

ベトナム・ハノイにて、楽器演奏系のフラッシュモブです。ショッピングモール前の広場に突然、ウェディングドレス姿の女性が現れます。フルートから始まり、次第に若者が集まりディズニーの名曲を演奏していくさまは幅広い楽器を使うことで迫力のあるパフォーマンスになっています。街中にいた若者たちが次々と現れ音楽を奏で始めるパフォーマンスに圧倒。それだけで周りの人々の関心が集まりだします。一人だけドレスを着た女性にすることで周囲の目を引きつけているのもいいですね。そして、人々が注目する中、そのドレスの女性を含んだ数人が楽器の演奏を始めます。すると、カフェでお茶を楽しんでいた人たちが次々と楽器を手にしてそこに加わります。バイクで乗り付けて来た女性もいます。そして、最後はこれまた大演奏になるのです。誰もが知っている曲なので、子供から大人までもが楽しげに演奏に聞き入っている姿は感動的です。最後まで見ていたくなる演奏ですね。

8. Edvard Grieg, Flash Mob, “Peer Gynt”, Bachus Classic Orchestra, Beethoven Symphony 9 Ode to joy

街の広場で一人の演奏から、大規模なオーケストラに変貌!ひとりの男性が広場で演奏を始めると、周囲の人が注目し出します。そこにホルンやバイオリンなどが演奏をしながら男性の元へと集まり、気づくと迫力のある演奏に変わっていきます。周囲にも思わず笑顔が溢れるパフォーマンスに感動しますね。

9. Party Rock Anthem – LMFAO / Flashmob Marchingband TSV Lauf

ダンスパフォーマンスと共に奏でるオーケストラ。何事もない普段通りの街中が、ひとりのドラムによって変わっていきます。男性がドラムを叩き始めると突然何処からともなく楽器を持った人たちが現れてくるのです。そして、大演奏が繰り広げられていくと気づいたときには大勢の人が集まり演奏に注目しているのです。リズミカルな演奏は子供たちも参加しており、ダンスのパフォーマンスもあるのでかなりの迫力ですよ。

10. Wake me up – Rhapsody Philharmonic

ベトナムの街で演奏するストリートミュージシャン。そこに一人の男性が近づき、おもむろに右手を上げます。するとどこからともなく楽器を持った人が1人ひとりとやってきて、あっという間にひとつのオーケストラに。まばらだった観客は、いつしか大きな塊となっていきます。どこにでもある街の一角がまるで大ホールになったようです。雑踏の中に響くオーケストラの演奏が、スペシャルな日常を演出してくれます。

11. Star Wars Flashmob in Cologne / Germany | WDR Rundfunkorchester

街中で、指揮者とトランペットが演奏を始めます。なにか始まったとざわついていると、上から音楽が鳴り響いてきてびっくり。ビルの上にスタンバイしていた楽器が演奏を始めました。空を見上げて驚く人だかり。曲は人気のテーマソング、スターウォーズです。突如街中で繰り広げられた演奏に驚きはするものの楽しむ人々の様子に微笑ましくも楽しくなってしまいますね。たまには、こんな驚きも良さそうです。

12. Flash mob at Copenhagen Central Station. Copenhagen Phil playing Ravel’s Bolero

コパンハーゲン セントラル駅の広場で、コペンハーゲン フィルが演奏する「Ravel’s Bolero」です。ハープなどの楽器も使うことで迫力のある演奏に仕上げていますね。次第にどこからか集まってきて大規模な演奏になっていく様子は見応えがあります。

伝説的エンターティナー マイケルジャクソン追悼フラッシュモブ

世界中の人々を魅了し続けてきた『キング・オブ・ポップ』ことマイケルジャクソン。彼は2009年6月25日、50歳という若さで急逝しました。世代を超えた世界中のファンに大きな衝撃を与え、みんな悲しみに打ちひしがれました。でも、彼のファンたちは彼の功績を讃え、感謝の気持ちを込めて、マイケルの追悼フラッシュモブを始めたんです。始まりはストックホルムから、そして全世界へー。
こんなにも世界中のファンを動かすことができるなんて、マイケルジャクソンがいかに偉大なエンターティナーだったかを改めて知ることができます。現在では毎年、その命日や誕生日には世界中で追悼の意を込めてフラッシュモブが実施されています。時が過ぎて、生前のマイケルジャクソンを知らない世代の人々にも、フラッシュモブを通じて功績は伝え続けられていくことでしょう。

13. Michael Jackson Tribute – Stockholm. July 8, 2009

その始まりはスウェーデンのストックホルムで2009年7月8日に行われました。インターネットを通じて不特定多数の人に呼び掛けて、その思いに賛同する人々が集まったのです。
1回目は、「Segels Torg」で17:30分から。2回目は、「Central Station」で18:00からでした。動画にはアップされていませんが、23:00からも3回目として別の場所で行ったとのことです。こんなに沢山の人が集まるなんて、マイケルの偉大さを感じずにはいられませんね。そして、このストックホルムのフラッシュモブがきっかけで世界中にその輪が広がったのです。

14. [OFFICIAL] Michael Jackson Dance Tribute – BUCHAREST

これは、ルーマニアのブカレストでの追悼フラッシュモブです。2009年8月29日、マイケルのBirthdayに実施されています。200人もの人々でのダンスですが、高いクオリティに驚かずにはいられません。どンな風に練習したんでしょうね。そして、何より驚きなのが1回目の道路でのフラッシュモブです。すぐそばをバスや車が走っているなんて、日本では考えられません。でも、それを受け入れられる民族性というか、ちゃんと土台があるんですね。2回目はショッピングモールのような場所。3回目はCentral Stationです。いずれも、曲が終わるとみんなその場から雑踏に紛れて去っていきます。人数が多ければ多い程、去った後にその非日常感が際立ちます。

15. [OFFICIAL] Michael Jackson Birthday Dance Tribute – Hollywood w/ New Ending

ハリウッドでのマイケル追悼フラッシュモブです。同じく2009年8月29日のマイケルのBirthdayに行われたものです。2か所で実施されていますが、さすがハリウッドです。こんなにスゴイ人数にも関わらず、キレッキレのレベルの高いダンスで、まるでショーを見ているかのような素晴らしさです。お決まりのサラッと一斉に解散するところも、なんだか感動してしまいます。

16. Michael Jackson – Thiller Flashmob Cc Real Plaza | Jhon Palacios

マイケルジャクソンの動きをうまく再現できた質の高いフラッシュモブです。バックダンサーの動きはあまり評判が良くないようですが、マイケル役のダンサーは非常に良い動きを見せています。
スリラーの音楽に乗せたマイケル単独のパフォーマンスからバックダンサーとのダンスに切り替わる際には動画にも工夫がしてあって面白いですね。そのフロアだけでなく上階からも覗き込んでいる観客がたくさんいます。

思わず憧れるフラッシュモブプロポーズ

フラッシュモブはニューヨークの発祥です。だから海外の方が広く根付いているのは周知のとおりです。そして、フラッシュモブでのサプライズプロポーズは世界中で行われています。感動的なプロポーズに憧れる気持ちは海外の女性も同じです。今回は海外で実施された「こんなプロポーズをされてみたい」と思わずにはいられないとびっきりの映像を集めてみました。

17. ロンドンのウェストンミンスターにある『トラファルガー広場』にて

周りを観客が取り囲んでいる中でダンスが始まります。ただの見物をしている人々かと思いきや、その中からどんどんダンスに参加する人が飛び出して行きます。そして、そのダンスはと言えば、全員プロかと思うほどのクオリティです。見ている大勢の人々がそのダンスに魅了されています。みんなその先にプロポーズが待っているなんて知りません。もちろん、友人と一緒に見ている彼女もです。でも、実はダンスをしている人達の後ろの方にフードをすっぽりかぶって顔が見えないようにしている男性がいるんです。それが彼氏です。みんなのダンスが止まったときに、フードの男性は彼女に近づいてフードを取り、顔を見せます。そこで初めて彼氏だとわかった彼女。彼からのプロポーズに感激です。周りの大勢の人達からも祝福されて幸せオーラ満載です。

18. 彼氏はダンスをしなくても感動的なフラッシュモブプロポーズ

この映像はアメリカ合衆国のメリーランド州、ボルチモアにてのフラッシュモブです。目の前で突然始まったダンスに1組のカップルが足を止めます。彼氏は彼女の肩を抱き、仲良くその様子を見ています。そこまでは偶然、フラッシュモブに出会えたという流れに見えます。ところが、突然ダンスの中に連れて行かれる彼女。ダンサーは彼女の周りを踊り、次に彼女が振り向いた時には、目の前に彼氏が膝まづいてプロポーズをするんです。思いもかけないその姿にもう彼女は感動でいっぱいになります。ダンサーたちからは祝福の拍手が送られます。寒そうな風景にも関わらずすごく温かい気持ちになってしまいます。そして面白いのが、プロポーズの成功を見届けたダンサーたちは、自分たちの役目を終えたらあっさりとみんな帰って行くんです。これってすごくアメリカ的でイイですよね。

19. 家族や友人たちに囲まれてのサプライズプロポーズ

5年間付き合ってきたカップルのプロポーズです。ボストンに住んでる二人。それは彼女がシカゴに住む彼の妹を訪ねているときに決行されました。サプライズプロポーズを決心した彼はこっそりシカゴ入りしたのでした。海に面したとても素敵な場所です。彼女と彼氏の妹さんは突然始まったダンスを見ています。2組にカップルのバレエのようなダンスから始まり、そのうちに人数はどんどん増えていきます。そうこうしていたらそこに友人や家族、彼氏が登場してダンスに加わったのです。これには彼女も本当に驚いています。そして、彼からのプロポーズを受けます。美しい風景にまるで映画のワンシーンのよう。そして、みんなの協力があってこそのプロポーズ成功です。やっぱり憧れちゃいます、こんなプロポーズ。

20. こんなのもアリ!彼女からの逆プロポーズ

これはスウェーデンのヘルシンボリで行われた、彼女からの逆プロポーズ映像です。日本ではなかなかこんなことってないですよね。いえ、海外でも少ないかもしれません。呼ばれてその場所にやってきた彼氏はテーブルの席につきます。すると、突然音楽が流れてきて、遠くにはダンスをする大勢の女性の姿が見えます。ダンサーたちはどんどん彼氏に近づいてきます。訳が分からない様子で不思議そうな彼氏。そしたら、最後にダンスに加わったのは彼女と、おそらく子供たち。彼の年齢から考えて再婚かな。思わず彼は立ち上がります。すると、彼女から花束を渡されて、彼女が膝まづきます。彼女からの逆プロポーズです。映画に出て来るような趣のある建物が二人をより美しく魅せています。

21. 超ド派手なプロポーズ、スケール大きすぎ!

これは今までに見たことがないくらいのド派手なフラッシュモブプロポーズです。なんせ、パフォーマーが100人、シンガーが69人、そのほかにも50人以上の人達が参加しています。彼は学校の先生のようで、バレーボールのトーナメント試合だと言って彼女を連れ出しました。それなのに、見ていたら突然歌い出す彼氏。何が始まるのやらという感じの彼女はイスに腰かけるように誘導されます。そして、その大掛かりなフラッシュモブがスタートします。本当に「なんだこりゃー」と叫びたくなるレベルです。彼女は感動で涙が止まりません。見ていてもスケールが大きすぎて、とても現実だとは思えません。でも、彼氏がみんなに愛されていることが伝わってきます。だから、ここまでみんなが協力してくれたんでしょうね。アッパレです。

こうやって見てみると、やっぱり海外はスケールが日本とは違いますね。ボストンからシカゴまで駆けつけたり、ド派手な演出があったり。でも、愛する人に想いを伝えたい、驚かせたい、喜ばせたいという気持ちはみんな同じです。そして、プロポーズが一世一代の決心のもと行われることも同じです。だから、どの映像も見ている私たちまで心が温かくなり幸せな気分になるんですよね。みなさん、お幸せに!

いかがでしたか?

世界のフラッシュモブは手の込んだ大掛かりのものが多くとても華やかでしたね。大きい広場のある場所が多いため、大人数での演奏ができるのも海外ならではかもしれません。感動にはさまざまなシチュエーションがあると思います。お祝いごとでの感動モブはよく見かけますが、誰かに向けた感動のフラッシュモブもいいですよね。歌で伝えたり、パフォーマンスで伝えたりすることで誰かを救うことが出来るのです。どのフラッシュモブでも、演奏している人も聞いている人も楽しそうな姿が目に映りましたね。笑顔を共有することができる、まさに、幸せになれる感動のサプライズフラッシュモブでした。

記事を検索する

archive

コメントを残す

*