フラッシュモブの人気YOUTUBE動画・映像集

日本のフラッシュモブ動画【100選】

  • LINEで送る
日本のフラッシュモブ

コンテンツ一覧(目次)

日本の素晴らしいフラッシュモブ動画

そのクオリティは急速に進化しています

フラッシュモブといえば、やはりそのスケールやクオリティにおいては海外のそれにはとても敵わないという印象があります。でも、日本だって負けてはいません。近年、結婚式の余興やサプライズのプロポーズなどに大人気になっています。また、イベントなどに取り入れられることも多くなり、公共の場で道行く人々へのサプライズとしても浸透してきました。そんな日本の素晴らしいフラッシュモブをご紹介しましょう。

全ての映像がハッピーで感動的!

1. レストランで生ライブ&ダンスのサプライズプロポーズ!

二人がレストランでデートをしていると突然ライブが始まって、二人もその他のお客さんも手拍子をしながら音楽を楽しみます。最後の1曲が始まると、なぜかボーカルの女性が歌いながら一輪の花を彼女にプレセントしにやって来ます。その花を受け取った瞬間にフラッシュモブスタートです。いきなり二人の目の前でダンスが始まり、次々とダンサーは増えていきます。それと同時に次々と彼女の元へお花が届けられるのです。お客さんだと思っていた人達まで踊り出して、彼女にお花をプレゼントします。さすがプロのダンサーです。クオリティが高い! 途中から自分のためだと感じたのでしょうね、感動して涙を流す彼女。その後、まさかの彼が一緒にダンスです。最後は彼から花束のプレゼント。そして彼女への想いを伝えて「結婚してください」のプロポーズ。これにはもう彼女の涙が止まりません。見ているだけで温かく応援したい気持ちと感動でいっぱいになります。もちろん、プロポーズは大成功!

2. これは可愛い! 日本スイム協会主催、新作水着発表のフラッシュモブ

「このイベントには出会ってみたい」と絶対に思えるフラッシュモブです。新作の水着をこんな形で発表するなんて斬新ですごく素敵です。主催者も「ありきたりでない発表を」との思いを話しています。超キュートでラブリーです。そのうえパフォーマンスのクオリティもハンパなく高いんです。ダンスの前後にフリーズするところなんて、映画の一場面かと思えるほどで完全に見とれてしまいます。日本のフラッシュモブもここまで進化しています。

3. 銀座でフラッシュモブ『ダンスをもっと面白く』

『ダンスをもっと面白く』というコンセプトで実施されたフラッシュモブです。場所は、なんと銀座です。突然始まるダンスに道行く人々は半ば呆気にとられた表情で足を止めます。とにかくカッコいい! カッコよすぎる! もちろんこれは相当高いダンスレベルです。動画は銀座の屋外と屋内の二ヵ所で実施したものが一本の映像にまとめられています。最後に出て来るエスカレーターでのフラッシュモブもなかなかのもの。見ていて楽しくなります。

4. 浅草商店街でフラッシュモブ! なんと総勢230人

こんなのが商店街で始まったら、そりゃ驚くでしょ。買い物していた年配の人達は唖然として見ています。そして、すぐそばを通りゆく人もいて、それがまた面白い。でも、そのパフォーマンスは凄すぎます。通常のストリートでのダンスだけでなく、タップやパントマイム的なことも取り入れられていて本当に楽しめます。そして、パフォーマーの中にはかなり有名な人も含まれているようです。そして、どんどん人数が増え、最後には着ぐるみのキャラクターも参加して、商店街には踊る人々の長い列ができます。総勢230人の大スケールフラッシュモブです。それは、見ている人達まで自然と体が動いてしまう超ハッピーなフラッシュモブなんです。

5. 日産自動車が仕掛けた「ハッピーフラッシュモブ」~11年目のプロポーズ~


「NISSAN Presents HAPPY SURPRISE ~11年目のプロポーズ~」

結婚式の余興やプロポーズのサプライズとして人気のフラッシュモブですが、不特定多数である公衆の面前でのサプライズは苦手だという人がいらっしゃることも事実です。だから、実行する前には相手のことを十分に考える必要があります。でも、こんなフラッシュモブなら大丈夫です。自動車メーカーの日産がWEBで募集したものを本気で実行するという企画を打ち立てました。そして、選ばれたのがこのフラッシュモブです。

その日は二人が付き合い始めてから11年目の記念日でした。旦那様が仕掛け人で奥様を連れて日産にやって来ます。到着すると目の前の車からレッドカーペットが敷かれます。不思議がる奥様。レッドカーペットの上で旦那様から奥様へ想いが伝えられます。最後に「愛してます」と。すると、突然、音楽が流れ始めます。奥様は戸惑い気味な表情です。当然ですよね。突然の音楽とともにダンサーが飛び出し踊りだします。と思ったら、なんと友人や知人がどんどん出て来るんです。その中には遠方に暮らす親戚の顔まで。思わず驚きと感動で涙が出るのもわかります。一生懸命踊る小さな子供ちゃんがまた可愛らしいんです。でも、それだけじゃありません。クオリティだってなかなかどうして。大したものです。
そして、最後には二人のご両親の登場です。そこに旦那様も混ざっての総勢74人のダンスです。奥様の涙はもう止まりません。号泣と言ってもいいくらい。本当になんて温かくてハッピーなフラッシュモブなんでしょう。

最後には、もう一つプレゼントが!上から撮った写真が奥様のスマホに送られていたんです。実は日産の敷地に並べられていた沢山の同じ車種の車にも仕掛けがあったんです。普通に立って近くから見ていると全くわからないけれど、なんとハート型に並んでいたんです。ハートの中にはレッドカーペットが敷き詰められて、中央には奥様を囲むみんなが集まって写っていました。まさに愛情たっぷりのハートです。自己満足ではなく、サプライズで喜こばせたいという強い想いに脱帽です。そして、それは旦那様だけでなく、このフラッシュモブに参加した全ての友人や知人、ご両親の気持ちです。だから一体感があり、大きな感動に包まれたのでしょう。これこそが本来の姿だと思えるフラッシュモブですね。

6. 東北支援チャリティーイベント 羽田空港フラッシュモブ 2012

キャビンアテンダントのベル演奏がいつしか大演奏に!キャビンアテンダントがミニコンサートのようにステージで演奏していると、次第に160人のオーケストラと合唱団が現れ、第九フラッシュモブが行われるというもの。階段状にいる観光客に扮している方までもが合唱を始めるというかなり大規模なフラッシュモブです。壮大で迫力があり、誰もが満足して演奏を聞いているようですね。羽田空港で行われたチャリティーイベントなのですが、サプライズ感が満載で素敵です。

7. 緊張のプロポーズ大作戦!

出演者が大人から子供までいて、更には警官や高校生など風貌も多彩。アクロバティックな演出もドキドキワクワクします。彼氏がダンスに参加しているのを見た瞬間に彼女が驚きを隠せない様子には感動しました。こんなサプライズは女性なら誰でもして欲しいですし、してもらえたら嬉しいですね。大掛かりな演出と友人の参加協力にも心が温まりますね。最後の彼女のコメントには納得ができるところも笑えますよ。
このサプライズを手掛けた株式会社ELCのPRページはコチラ

マイケルジャクソンを追悼して行われたフラッシュモブ

2009年6月25日に急逝したマイケルジャクソン。まだ50歳という若さもあり、世界中が大きな衝撃と悲しみに包まれました。そんな中、ファンたちはマイケルのをしのび、その功績を心からたたえる表現としてフラッシュモブを行いました。その動きは世界中のファンの間に広がりました。日本も例外ではありません。各地で追悼フラッシュモブが行われました。

8. [OFFICIAL] Michael Jackson Tribute Dance Tokyo – Japan

そして、日本では2009年10月24日、舞浜イクスピリアにて初めて実施されました。昼と夜の2回行われています。日本でもこんな風にできるんだなと感慨深いものがあります。やはり、きっかけはストックホルムの追悼フラッシュモブです。ストックホルムのトリビュートダンスに感動して、日本でも実現を目指してきたと最後に綴られています。永遠にマイケルを愛する日本のファンの気持ちが伝わってきます。

9. マイケル・ジャクソン 全国同時 Beat It ゲリラダンス フラッシュモブ

これは、マイケルの一周忌追悼フラッシュモブとして2010年6月26日に実施された全国6か所での同時フラッシュモブです。2009年には、それぞれの地域で別々の日に行われましたが、一周忌には同日同時刻に実施されたのです。その日、小樽、仙台、東京、名古屋、大阪、佐世保にて13時同時刻に開始されました。マイケルの功績を伝えていきたいという思いを強く感じることができるフラッシュモブです。

ブレイクダンス&ロボットダンスのサプライズフラッシュモブ

フラッシュモブでは、さまざまな趣向を凝らしたダンスパフォーマンスが見ものとなります。プロのダンサーによるブレイクダンスを始めとする、スゴ技が頻繁に登場しているようです。
メリハリをつけることで観客を飽きさせない工夫も必要となり、ロボットダンスなどのちょっとクセの強いものも取り入れることが多くなるようです。
このロボットダンス、素人のダンサーがやってキマることが少ないもので、緩そうに見えても表現力の難易度は高い技となります。
自分たちでも依頼をしようと考えているなら、せっかくだから、お客様や観衆が見ていてスゴイ!と感じるダンスを取り入れたいですね!そんなクールで激しいパフォーマンスを集めてみました!

10. 自衛隊が踊りだす!まさかのハイクオリティなフラッシュモブ

自衛隊のイベントは全国で時々開催されています。こちらも音楽隊のイベントかと思いきや、演奏が始まってまもなく一人の自衛官が乱入して来て踊り出します。曲目になぜかかの有名な某「音声合成システム」の楽曲を利用していて意外性に驚きますが、さらに驚くのは演奏開始早々に始まったブレイクダンスを中心としたパフォーマンスです。観客は何が起こったのかと驚きながら見守ります。すると踊る自衛官が次々と増えていき、そのうち観客に扮していたダンサーも加わってハイパフォーマンスを繰り広げます。本当に「素晴らしい」の一言に尽きます。感動ものです。ここまでのパフォーマンスを見ることができた観客のみなさんは、大満足のイベントだったことでしょう。一部のコメントでは「前もって紹介されているし、これはフラッシュモブではない」というものもありますが、「自衛隊プラスブレイクダンス」というサプライズ効果があったのは事実でしょう。他にもこうしたサプライズを行っている自衛隊はあります。

11. アイドルを守った自衛官!記念行事のサプライズフラッシュモブ

こちらは、ルパン三世(lupin III)で一癖ある捕り物劇からのフラッシュモブ。明日ファストの上で繰り広げられる華麗なフロアー技が美しい仕上がりになっています。アイドルが熱烈ファン(ヲタ)から襲われそうになる~自衛官が守ろうとする~というちょっとヒヤリとさせる仕掛けがフラッシュモブの醍醐味です。格闘技も取り入れて、オシャレなダンスだけでない自衛隊らしさをアピールしています。

12. 和洋折衷なブレイクダンス

一見「和」の伝統的なイベントのようですが、突然始まるダンスパフォーマンスに観衆もびっくり。何度も高難易度のフロアー技が繰り出されます。
殺陣風のダンスあり、ブレイクダンスあり、ロボット(人形?)ダンスありのバリエーション豊富なパフォーマンスに老若男女関わらず、盛り上がっています。音楽やからくり人形に扮したダンサーに伝統を感じさせつつも、ダンスは今風というギャップが素敵です。おじいちゃんやおばあちゃんにもフラッシュモブの楽しさが伝わればいいですね。

13. アミューズメントパークらしい観客動員型フラッシュモブ

こちらはUSJでおなじみらしい、ロボットダンスのフラッシュモブ。サプライズで行われるシークレットショーのため、これに出会えたらラッキーですね。観客も引き入れてのダンスパフォーマンスなので、みんなで盛り上がって楽しめます。
ややコミカルなシーンも多く、子供たちも楽しげに参加しています。笑いの絶えないパフォーマンスでファンも多いそうです。

14. ロボットダンスをきっかけにしたプロポーズフラッシュモブ

フラッシュモブのきっかけとしてロボットダンスから始めるパターンは、激しさはないものの周囲の人を「え?」と思わせることができます。インパクトのある白いドレスの少女との対比が美しく、絵になる始まりのシーンです。
ロボットダンスのシーンは短いものですが、このパートを担当しているダンサーは人気が高いそうです。構成がすばらしいというコメントも多く、周囲の目をフィナーレまで飽きさせずに引き付けています。質の高いパフォーマンスで、感動はサプライズされた本人だけでなく観客にも伝わりました。

15. 路上にターミネーターがあふれる面白フラッシュモブ

ロボットダンスと映画で有名なロボット兵器「ターミネーター」を組み合わせた路上でのフラッシュモブ。歩行者天国でのパフォーマンスです。軽快なダンスから始まり、たくさんのターミネーターに扮した男性たちがロボットダンスを始めます。ターミネーターの襲来から繁栄、衰退までをストーリー仕立てで演じられています。
黒ずくめのターミネーターとカラフルな衣装の地球人の色彩の対比もあいまって、トータルでメリハリのあるパフォーマンスになっています。最後は、二組が仲良くフィナーレ。映画では見られないであろう円満な最後に観客も盛り上がっています。

ここまで人を感動させることができるのがフラッシュモブ

「人を感動させたい」「喜んでもらいたい」という気持ちは誰しも持っているのではないでしょうか。その相手は様々だとしても。フラッシュモブはそんな人々の願いを叶えることができます。サプライズをした方にもされた方にも大きな感動と喜びが生まれます。最近ではフラッシュモブ専門の会社の力もあり、日本でも海外に負けないスケールやクオリティで実施できるようになってきました。これからも日本全国にますますフラッシュモブの感動の輪が広がっていくことでしょう。

記事を検索する

archive

コメントを残す

*